FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.25 (Fri)

近況

突然なのですが、ぼーのが病気で入院しています。

17日(木)の夕方、会社から帰ってきたら、お留守番していたぼーのが
固まって動かないんです。
本人は動こうとして、前足で足踏みしても、後ろ足が付いてこない。
目もいつもと比べて腫れて飛び出している感じがあり、明らかに普段とは違う状態。

お友達から24時間対応の救急病院を教えてもらい、きくさん帰宅と同時に病院へ急行。
病院に到着したのは21時で、先生に診てもらった時には目の瞳孔が開きっぱなしで、
両目ともほぼ見えてない状態。
その日の診断では、脳か目か、または脊椎に問題があるのでは、という程度しかわからず、
そのままぼーのは病院で様子を見てもらうため入院。

入院しながら、ステロイドの注射を続けるぼーの。
その後、眼科専門医の診断、MRI検査、脳髄液検査(まだ結果が出ていない)をして、
現在の診断は「肉芽腫性髄膜脳炎」となっています。
コーギーはこの病気になりやすい犬種らしく、原因不明で突然起きる自己免疫疾患の
一つなんだそうです。

現在のぼーのは、両目はほぼ視力を失ってしまっているものの、
食事もして、元気もあります。
症状が悪化している様子はないので、悪くても現状維持。
できれば改善していて欲しいと願うところですが、これはMRI検査を再度受けないと
確証はできないかも。


17日の緊急入院の前は、確かに数日間元気がなかった。
近所の動物病院に行って、血液検査、検便、レントゲン撮影もしたけど、どれも異常なし。
でも、目の周りを触られることをとても嫌がったので、目周辺か首周辺に問題があるのかな
と思い、眼科に連れて行こうかと思っていたとこでした。

あまりに突然だし、肉芽腫性髄膜脳炎は簡単に治る病気でもないし、
両目の視力も失ってしまったし。
もうそれはそれはショックで、泣いて泣いて泣きまくりの日々でした。

でも、周囲に支えてくれる人がいっぱいいて、みんながぼーののために色々な
情報を提供してくれたり、応援してくれたおかげで、今はもう前向きに治療に
取り組んでいこう!!と思えるようになりました。
私達が泣いてたら、ぼんもぼーのも不安になっちゃうしね。
どんなことがあっても、ぼんもぼーのも守るよ!と安心させてあげなきゃ飼い主失格だ。

最初は肉芽腫性髄膜脳炎で悲しい結果になってしまった子のブログが目に付いたけど、
今は病気を克服して、現在も元気に過ごしている子のブログだけが目に入ってきます。
ぼーのも絶対に克服します!!何としても絶対に!!

明日、ぼーのは退院予定。今のところ治療経過は良好です。
やっと家に帰ってこれると思うとほんとに嬉しい。
ぼんもぼーのも、お互いがこんなに長い期間離れるのは初めてだったから、
ぼーのだけでなく、ぼんも元気がなくなってたし。

退院後のぼーのは、しばらくはお薬を飲みながら、脳の病変が小さくなって、
最後は消えてくれるように、体調を見ながら調整していくことになると思います。
経過良好とは言え、まだまだ油断は出来ないな。

今のぼーのに良いと思われるものは、全て取り入れる方向で準備中。
でもそれについてはあまりブログでは細かく書かないつもり。
それは別に記録して、ブログには今まで通り楽しい毎日を書きたいなぁ。

病気になる前にも、健康でいることのありがたさに感謝し、
病気にならないように予防してたつもりだったけど、まだまだ足りなかったのかな・・。
今はこうなってしまった現実を受け止めて、これからの毎日をさらに大事に過ごしていきたいと思う。
ぼんとぼーのと、充実した毎日を楽しく過ごす!これが我が家の最重要事項だな。

入院中、病院に面会に行くと、待合室でぼーのとのんびり一緒にいられるのです。
毎日きくさんと交代で、ぼーのに会いに行ってます。
面会時のぼーの、笑顔だよ(^^)
1
これから一緒に頑張ろうね!絶対大丈夫だからね!

スポンサーサイト



23:51  |  日常  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |